京都の公園の中でも人気なのが円山公園です。
京都在住の中坊進二も円山公園は一押しの場所とっています。
この円山公園は、1886年(明治19年)に開設された、
京都市最古の公園です。
明治22年に市制施行時に京都府から京都市に移管され、
現在も管理しています。
明治45年までの間に公園を拡張、
自然の丘陵を利用した渓谷を造り、四季の草花を植樹。
池や噴水の建設、野外音楽堂の建設を行い、
現在の円山公園の姿が出来上がりました。

東は東山に続き、西は八坂神社、南に高台寺、
北は知恩院などの豊かな木々の茂る境内地に隣接し、
観光地の一環を成しています。
回遊式日本庭園を中心に、料亭や茶店が園内に散在し、
四季を問わず風情がある公園です。
その点でも、京都在住の中坊進二曰くオススメだそうです。

ですが円山公園で一番のオススメは、花見時の「祇園の夜桜」だそうです。
京都在住の中坊進二さんが言うには、一見の価値があるそうです。
この祇園の夜桜は、円山公園の圏内中央にある有名な桜です。
正式名は一重白波彼岸枝垂桜といい、現在は二代目です。
かがり火に照らされた枝垂桜を鑑賞するのが、
京都在住の中坊進二さんのオススメです。
その圧倒的な存在感と、桜本来の美しさに加えて
かがり火の幻想的な光により、よりいっそう美しさを増すそうです。
見たものを虜にする、祇園の夜桜が円山公園にはあります。

色んなところで桜が見られるのが京都です。
中でも祇園の夜桜は本当に綺麗で幻想的だからこそ、
一度は見て欲しいと中坊進二は思っているそうです。
オススメの桜です。