この前、中坊進二は京都土産にちりめん山椒を買っていったのですが、
どうやらこの種類のお土産はあまり知られていないみたいでした。
口には出しませんでしたが、皆、「なぜ、京都でちりめん?」
という顔をしていました。
ちなみに、関東では「しらす」と呼ぶそうです。
初めて知りました。

内陸だからと言って、
海産物を食べないのは誤解と偏見だと中坊進二は思っています。
むしろ、内陸だからこそ、ちりめんじゃこのような
保存が利く食べ物が開発されたのだと思っています。
ソレに京都ゆかりの山椒をブレンドすることで、
郷土料理としてこの地に広く浸透したのではないでしょうか。

海のない京都ですので、
ちりめんの主な産地は瀬戸内海や九州の沿岸になります。
ちりめんは北海道を除く日本全国で取れますが、
あまり日本海では主だって取っていないみたいです。
大阪湾のあたりから運び込まれたちりめんを京都にて加工して、
いくつもの種類のちりめめん山椒が土産屋や料亭にて出されています。

今回、中坊進二が知人に配ったのは、シソ味のちりめんです。
山椒ではありませんが、似たようなものです。
厳密には、カテゴリは京佃煮になるのですが、佃煮と言うと、
イカナゴやアサリを連想してしまうそうなので、
ちりめん山椒のカテゴリで販売されているのかもしれませんね。
と言うより、佃煮の語源は江戸由来だそうです。

シソ味以外にもたくさんのちりめんがあります。
店舗ごとにかなり味・硬さ・濃さに変化がありますよ。
中坊進二は硬いのが好みです。
通販で買えますので、気になる方は是非、どうぞ。