一般的なスムージーは、“生”の食材をミキサーでかき混ぜて作ります。
一般的なお茶は、茶葉にお湯を注いで作ります。
そして、茶スムージーとは、茶葉とパイナップルなどの
食材を一緒に混ぜてブレンドして作るというものです。

今、京都では茶スムージーが人気です。
京都人の中坊進二ですが、
流石にお湯で煎じていない茶葉をそのまま食べる経験はありません。
強いて挙げれば、粉末状にした茶葉をブレンドしたソフトクリームでしょうか。
まさか茶葉を他の食材と一緒に混ぜてスムージーにするという発想は、
京都人でもなかなか思いつかない芸当です。

スムージーの良い所は、食材の食感を楽しめる点にあります。
そして、この茶スムージーも茶葉の食感が楽しめます。
一応、細かく刻んでありますので、
普通の木々になっている葉っぱをかじるみたいなものではありません。
ちょっと固かったですが、意外と茶スムージーはアリです!!
中坊進二が自信をもって太鼓判を押します。

京都の喫茶店でイチオシなのは、
パイナップルとココナッツを混ぜた茶スムージーみたいです。
この前、早速、中坊進二は行ってみたのですが、かなり爽やかな味付きでした。
中坊進二はココナッツが苦手だったのですが、茶葉の渋さと見事に合わさり、
非常に飲みごたえよく、そして、パイナップルの酸味がとてもマッチしています。
皆さんも、京都に来たら是非、試しみてください。
アイスやソーダタイプの茶スムージーもあるみたいですよ。