ミュージカルとは、演劇に音楽と歌、
ダンスなどを織り交ぜたものになります。
千葉県にある某ネズミの王国では、
ミュージカルの催しものがアトラクションの数と
同等に用意されているそうです。
中坊進二は一度だけ見たことがあります。
音や光や水や火(に見えるだけかも)などを
ふんだんに使ったミュージカルを見て感動を覚えたものです。
余談ですが、中坊進二は山岳地帯を走るジェットコースターがお気に入りです。
パレード時なら、待ち時間5分で乗れます。
正直、あの長い通路を歩いていた時間の方が長く感じたぐらいです。

テーマパークや専用劇場でのミュージカルは毎日行われていますが、
日本全国にある公民館や劇場にて、
不定期でミュージカルが開催されることもあります。
今月19日〜20日(土・日)には、京都市左京区の【みやこめっせ会場】と
【京都国際マンガミュージアム会場】にて、
『2.5次元ミュージカル』が開催されるそうです。

2.5次元はあまり耳にしない単語ですが、
要は2次元の存在であるアニメや漫画のキャラを、
私たち3次元の世界の住人が
ロールプレイング(演劇)するというものになります。
2次元と3次元の間を取って、2.5次元だと中坊進二は思っています。
日本で一番有名な2.5次元ミュージカルは「テニスの王子様」でしょうか。
中坊進二はCMぐらいでしか見たことがありませんが、
このミュージカルは10年以上続いている気がします。
それだけ長く人気が続いているということですよね。

今回は京都での開催ですが、こうした催しものは
全国の主要都市で頻繁に開催されているそうです。
また、作品の種類も非常に豊富です。
「デスノート」もあるそうですが、
一体どうやって動きのあるミュージカルを行うのか想像も付きません。
東京と大阪と名古屋で公演予定だそうですが、
京都でもやってはくれないでしょうか。