おそらく、自分の置かれている都道府県しか
隣接する都道府県は分からないと中坊進二は思っています。
京都府には6つの隣接する都道府県がありますが、
皆さん分かりますでしょうか。
大阪府、兵庫県、滋賀県、奈良県あたりは
即答できると思いますが、福井県と三重県は
中々思い浮かばないのではないでしょうか。
間違って鳥取県と挙げる方も居るかもしれませんね。
京都在住の中坊進二も長野県の隣接する
都道府県を言えませんので、お相子かもしれません。
(※新潟県、群馬県、埼玉県、山梨県、
静岡県、愛知県、岐阜県、富山県です)

京都府の面積は4,612平方kmです。
北西から南東に向かっておよそ140km
細長い形状をしている都道府県になります。
中坊進二が住む京都市南区は、
京都府の中央からやや右下(南東)に位置します。
その長さにおいて、三重県と接している部分はたったの5kmほどです。
ほんの少ししか接していませんので、もしかしたら京都府民でも、
三重県が近接している都道府県だと
気づいていない方はいるかもしれませんね。

県境を決める基準はいくつかありますが、
主に物理的な要因が主な理由です。
尾根に阻まれている、または、川に阻まれている。
境界をまたぐことが困難により、
交流しやすい部族同士が自然と集まり自治体を作ります。
いくつかは合併しましたが、
かつての藩の境界もそのように定められました。
アメリカ合衆国の州境は逆に、
遮蔽物が一切ない荒野や砂漠が物理的障害となってしまい、
明確なラインを調べることも引くことができず、
それゆえ、地図上にて直線にて境界を造るしかなかったそうです。
アフリカの国境も同じ理由です。

今の日本人はあまり郷土愛を持たないと言われています。
隣接する都道府県でしたら、尚更かもしれません。
深い愛を持てとまでは、中坊進二は言いませんが、
知識として身に付けておくのはいかがですか。
関心を持つところから初めてみてはいかがでしょうか。