日本に色んな道はあれど、もっとも有名な道といえば「哲学の道」です。
京都の中坊進二もよく散歩をしている、誰もが知っている道です。
この哲学の道は銀閣寺から若王子神社までの疎水沿いに続く1.5kmほどの道です。
哲学者の西田幾多郎がこの道を歩きながら思索にふけったことから、
哲学の道と呼ばれるようになりました。

中坊進二はこの哲学の道を京都散歩で利用しています。
哲学の道に習って散歩している時は物思いにふけります。
ですが数分と経たずに物思いにふけるのはやめます。
何故なら哲学の道は春は桜、秋は紅葉が綺麗な場所だからです。
春や秋だと自然に目を奪われて、中坊進二は物思いにふけらず京都の桜や紅葉を堪能します。
むしろ自然の綺麗さに目を奪われ、自分の悩みなんてちっぽけなもんだと開き直るそうです。
それがいい気分転換になっています。

京都の哲学の道はその歴史的背景や自然もいいですが、
中坊進二は周りにあるお店もお気に入りです。
美味しい甘味処やうどん屋があるので、歩いた後の小腹を満たすのに丁度いいそうです。
中坊進二は京都散歩している際はよく哲学の道の周辺のお店に入り、グルメも堪能しています。
哲学の道周辺にはカフェもあるので早朝の京都散歩にも適しています。
中坊進二は休みの日で調子がいいと、朝から哲学の道を歩き、その後カフェでコーヒーを飲みます。
哲学の道を歩いている満足感と、コーヒーの組み合わせが気分がいいと考えています。

物思いにふけって歩くもよし、桜や紅葉を堪能するもよし、
さくっと周辺のカフェやグルメを堪能するもよし。
中坊進二は哲学の道で京都散歩を楽しんでいます。