子供から大人まで夢中になれるものがマンガです。
マンガは日本が誇る文化の一つでもあります。
京都には京都国際漫画ミュージアムがあります。
この京都の名所は中坊進二も驚きました。

京都国際マンガミュージアムは、
国内外の漫画に関する資料を集めた
日本初のマンガの総合的なミュージアムです。
2006年11月25日開館しました。
所蔵する約30万点のマンガ資料のうち、
1970年代から現在まで発行されたものを中心にマンガ単行本約5万冊あります。
そのマンガは館内の壁中に広がる
総延長200mに及ぶ書架である「マンガの壁」に配架されています。

中坊進二は京都国際マンガミュージアムの圧倒的なマンガの数に驚きました。
一面にあるマンガを見て「こんなにたくさんあるとは!」と驚きを隠せませんでした。
しかもそのマンガは館内ならどこでも自由に見られます。
中坊進二も京都国際マンガミュージアムを訪れた際は、
子供の頃に読んだマンガや話題となった作品を読んでいました。
時間を忘れて読みふけっていました。

京都国際マンガミュージアムは蔵書が豊富にあるだけではありません。
様々なイベントを行ったり、常設展示もあります。
マンガメディアの年表からマンガの作り方、世界のマンガなど様々な展示物があります。
マンガの歴史も知ることが出来るので、
京都国際マンガミュージアムは中坊進二にとっても見ごたえがあります。

蔵書も展示物も豊富なのが中坊進二も驚いた京都国際マンガミュージアムです。
どっぷりマンガに浸かれます。
マンガ好きの方は京都観光の際に訪れてみてはいかがでしょうか。