「机上の空論」という言葉をよく見かけるのは、
軍事作戦会議と観光ガイドブックでしょうか。
一度もその地に訪れたことの無い人がその観光地を紹介しても、
上辺だけのものになります。
中坊進二だって、大阪を案内しろと言われても、困ってしまいます。
大阪城に行くのに最適な最寄り駅がどれかも分かりません。
上辺だけでも、初めての方でしたら十分満足できますが、
何十回もその地を訪れている上級者からしたら、とっくに見飽きています。
そこで京都では、地元の人にしか案内できないコアな観光地を紹介するため、
「ディープ京都ツアー」というものを計画しているそうです。

中坊進二は京都に住んでいますが、京都のすべてを知っている訳ではありません。
観光客が喜ぶか分かりませんが、中坊進二だと、上京区の猫カフェを紹介します。
大正時代に作られた古風の建物で、
1階は普通の喫茶店、2階が猫と戯れるスペースになります。
それぞれ独立していますが、
1階に居てもガラス越しに猫を見ることができることもあります。
猫が降りてくるかどうかは、完全に運任せです。

そのほか、中坊進二が紹介できるのは、猫と戯れることができる居酒屋です。
すごいこじんまりとした居酒屋を通り越して、
最早普通の民家の居間のような雰囲気です。
アットホームを追求しているというより、
自分の家をたまたまお店にしているような感じかもしれませんね。
気まぐれな猫がたくさんいますので、運が良ければ猫と遊べるかもしれませんよ。

探してみれば、京都の至る所で、穴場となるスポットはいくつも見つかります。
本当にコアなファンだけが知る施設を是非、見つけてみてください。