京都の中坊進二は学生時代から今でも丼料理が好きです。
丼物はリーズナブルで美味しく、
お腹がいっぱいになって心も満たせる料理だと考えています。
そんな中坊進二が京都の丼料理で一番好きなのが、
佰食屋のステーキ丼です。
このお店のステーキ丼はご飯の上にたっぷり国産牛が乗っていて、
値段が税抜きで1000円と破格の値段のメニューです。
中坊進二は京都の中でも1・2を争うほどの
丼を出しているお店だと考えています。

器にこれでもか!というほどお肉が盛られており、
京都の中坊進二は最初見た時度肝を抜かれました。
自分が考えていた以上の枚数のお肉が盛られていることに
衝撃を受けたそうです。
ステーキ丼のお肉は赤身で、
表面はしっかり焼き付けられて旨みが閉じ込めてあり、
非常に美味しいそうです。
フライドガーリックとあわせるとさらに美味しいそうです。

京都の中坊進二はステーキ丼は値段も高くないのに非常に食べ応えがあり、
美味しくてお勧めだそうです。
色んな丼料理を食べ歩いた結果、非常に満足の行く一品に出会えたそうです。
仕事を頑張った時や美味しいものが食べたい時によく中坊進二は、
京都の佰食屋に行っています。
丼料理としても、お肉料理としてもクオリティが高いそうです。

京都で美味しい丼料理が食べたい、
美味しいお肉が食べたいという方にお勧めのお店です。
美味しいステーキ丼でお腹も心も満たされましょう。
値段以上の満足が得られると京都の中坊進二は太鼓判を押しています。