昔ながらの喫茶店には、コーヒー以外にも様々なフードのメニューがあります。
京都の中坊進二もそんな昔ながらの喫茶店のメニューが好きです。
今でもよく食べています。

京都の中坊進二も愛している喫茶店のメニューがあります。
それは喫茶チロルのカレーです。
そのカレーはボリュームがありながらリーズナブルな価格なので、
美味しいだけでなくお得感もあります。
京都の中坊進二は学生の頃から喫茶チロルに通い、よくカレーを食べていました。
喫茶チロルのカレーは、タマネギの甘みがありあとからぴりっと来るカレーです。
どことなく懐かしい味のするカレーで、
いつでも食べられると京都の中坊進二は豪語しています。
レトロな雰囲気と相まって、カレーを食べていると落ち着くんだそうです。
食事だけでなく、日頃の疲れをリフレッシュする意味でも
喫茶チロルに通っています。

京都の中坊進二が愛している喫茶店のカレーは、
トッピングのバリエーションの豊かさもお勧めです。
カツだけでなくチキンカツやハムカツ、
コロッケにえびカツにささみチーズ、玉子も入れることが出来ます。
特に玉子はバリエーション豊かで、生卵や目玉焼き、
ゆで卵など様々な種類があるのが嬉しいそうです。
それらのトッピングを変える事で
毎日でも食べられる!と話していました。
またカレーライスだけでなくトーストやスパゲッティーもあるので、
本当に飽きが来ないと語っていました。

京都の中坊進二が愛している喫茶店のカレー、
リーズナブルでありながら非常に美味しいそうなので食べてみたいですね。
昔からある喫茶店のカレー、この響きだけでも味の信頼感があります。