京都の歴史的な観光名所というと、
お寺などを思い浮かべるかもしれません。
ですが京都には歴史的な近代の建物もあります。
それが中坊進二も好きな京都の舞鶴赤れんがパークです。

中坊進二も好きな京都の舞鶴赤れんがパークは、
1901年の旧海軍舞鶴鎮守府の開庁に伴い、
明治期から大正期にかけて建設された建造物です。
全部で12棟からなる北吸地区の赤れんが倉庫郡は、
8棟が国の重要文化財に指定されています。
そして平成24年に舞鶴赤れんがパークとしてオープンしました。

京都の中坊進二は歴史的な場所に行けるということで
オープン前から楽しみにしていました。
実際に行ってみると、
その時代にタイムスリップしたような気持ちが味わえたそうです。
タイプスリップ感はなかなか味わえないからこそ、
舞鶴赤れんがパークは京都の中坊進二もイチオシの観光地です。
パーク内は赤れんがの倉庫をはじめ、博物館や記念館などもあります。
歴史を存分に楽しめる場所だと京都の中坊進二は話していました。

パーク内にはBrickHouseという軽食などを出すレストランがあります。
そこのピザが非常に美味しく、
ピザをつまみながら赤れんがを見るのも一興だそうです。
タイムスリップ感やピザを味わうために、
中坊進二は京都の舞鶴赤れんがパークに度々訪れています。

定番の名所以外の場所も訪れてみたい、
近代の歴史に興味がある、タイムスリップ感を味わいたい。
そんな方々にぴったりなのが
中坊進二も好きな京都の舞鶴赤れんがパークなのです。
興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか。