京都の中坊進二は昔から猫が好きです。
実際に飼っていたわけではないのですが、
友人の家の猫を可愛がったり近所にやってくる猫を可愛がっていました。
いつかは猫を飼いたいと思っていても仕事が忙しく、
なかなか猫は飼えない状況です。
ですが中坊進二は猫を飼えなくても、
京都の猫の集まる場所に訪れて猫を見たり可愛がったりしています。

中坊進二は予定がない休みの日になると、
カメラを片手に京都の街を散策しています。
京都にある梅宮神社では、人懐っこい猫たちが集まっています。
受付に猫がいる時があり、京都の中坊進二曰く
「猫が拝観料を徴収しているようで、可愛い」と話していました。
受付にいる猫を見ているとほっこりされ癒されるようで、
ついつい通っているそうです。
その猫が、神社がまるで自分の家のように振舞っているのが
たまらなく可愛いと京都の中坊進二は話していました。

猫の集まる場所として知る人ぞ知るのが、京都御苑だそうです。
こちらでは地域の猫が集まってきます。
京都の中坊進二は目のつくところに集まってくる猫を可愛がったり、
写真に収めたりしています。
特にベストショットが撮れると、その日は気分がいいそうです。
そして撮った写真を眺めると、
「いい仕事をしたな」と自分を自分で褒めているそうです。

京都の中坊進二曰く、京都の隠れた楽しみの一つが猫めぐりだそうです。
色んなところにいる猫を見たり可愛がれるのは猫好きにはたまらないそうです。
観光名所やグルメ以外にも、
猫に会いに行くという京都の楽しみ方もいいかもしれません。